ブロードバンド料金比較 楽天仕事市場 ブログマーケティングムシキング歌詞取り放題 そろそろIT系に転職しませんか?格安航空券を買うなら「空の旅.COM」

アットローンにまかせろ 日本最大のチケット売買サイト『チケット流通センター』ファイナル・ファンタジーXII 発売迫る!絶賛予約受付中 楽天フリマのアウトレット特集楽天ダウンロード

2005年11月16日

雪の女王〜The Snow Queen〜 第25話「王家の鍵」

脚本   島田満
絵コンテ 出崎統
監督補  矢野篤
演出   鏑木ひろ
作画監督 八崎健二
白い花に駆け寄るゲルダ。
険しい道が続いていた。人家のほとんど見当たらない、荒地が続いていた。吹き抜ける風は、夏がとうに終わり、この北の大地に、すでに秋の深まりが訪れていることを告げていた。
そこは、星降る荒地。
「見果てぬ夢の行先は、たとえば夜明けの流れ星。一人輝く光の尾、誰にも知られず落ちて行く。一つ、また一つ、星降る荒地に落ちて行く」
星降る荒地は、300年以上昔の古戦場。なぜか戦闘シーンすごい迫力。
荒地にはその戦いで死んだ兵士たちの墓が山盛り。
彼らの亡霊たちは二度と戻れなかった故郷を探し、今も彷徨うと言う。
夜遠くからこの荒地を見ると、歩き回る亡霊たちが星の光が降るように見えたというのが由来。
と、肝試しっぽくゲルダを怖がらせてこの地で野宿なラギ。
突然落とし穴に落ちてしまったゲルダは、そこでロトの鎧を着た骸骨を発見する。
矢が刺さって死んだ彼は、鎧から300年放置された身分の高い武将だろう、とラギはみる。
こう見えて迷信とか呪いとか信じやすいラギは、墓は作って彼を弔う。
ゲルダは摘んだ白い花を兜に差し、ラギはまた演奏披露。
墓標には「やくたたず ここにねむる」と。(違)
そしてその夜、星降る荒地に、星が降ったそうだ。「そうだ」というのは、私はそのことを見てはいないということだ。すべては、ゲルダに後で聞いたことだ。そして、とにかくまず、不思議な青白く光る霧の話をしよう。いつの間にか、青白い霧が私たちを取り囲んでいた。私が実際に覚えているのは、そこまでだ。
肝心なときに寝てばっかなのは、ラギの仕様のようですね。
星の光が降る中、うごめき出すさまようよろいたち。
その状況を見て声も出ないゲルダに、城へ一緒に行ってくれないかと誘うアルフレッド王(声・錦織一清)。
長く時間が経ちすぎて、記憶もあやふや、おまけに頭は割れて血が垂れている。
半ば無理やりゲルダを連れ、ロビンマスクだかウォーズマンだかを蹴散らすアルフレッド。
王の兜にはゲルダがつけた花があった。
奮戦むなしく、胸を射抜かれ、落馬する王。その体は消えてしまう。
何かに導かれたかのように教会礼拝堂に入るゲルダ、そこでワイズマン(セラムンR参照)に出会う。
彼に言われるまま復唱する。
「たとえ果てしなき旅路でも」
「心は永遠にふるさとにあり」
「鍵あらば闇の扉を開け放て〜っ!」
その呪文で異界への扉が開き、教会は崩れ落ちる。
床にも同じ言葉が書いてあることに気づくゲルダ。
"salv om jeg er
paaen Lendeig vej
Findes minbjert
i mit bjom
Iuk den dei op
hvis du har
naglent til der"
城へと駆け抜けて行く透明な馬。アルフレッド王もいつの間にかその背中に乗っている。
ゲルダもその後を追う。
王の帰還。某映画のサブタイみたいだけど。
愛しのアウネスは出迎えてはくれず、代わりに刺客が後ろから剣を刺し王の体を貫く。
しかしそれをものともせず、暗殺者を返り討ちにする王。
なんかニッキの声が微妙に池田秀一っぽい。
城は敵の手に落ちていた。膝をつき号泣(光輝泣き)するアルフレッド王。
「誰だ?誰だお前は?見かけぬ顔だ」自分で呼んできたゲルダになんて言い草。
たしかに記憶力弱ってる。お爺ちゃん、朝ご飯はもう食べたでしょ?
花を手向けてくれたこと、荒地から助けてくれたこと、城への案内を頼んだことを思い出す王。
城へ帰れて満足だ、とゲルダの手の甲にキスをする。
ゲルダを引きとめ、自分の最後の一戦を見せようとするアルフレッド。

続きを読む
posted by えみゅ at 01:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

雪の女王〜The Snow Queen〜 第24話「月夜の人魚姫」

脚本   金春智子
絵コンテ 出崎統
監督補  矢野篤
演出   本多康之
作画監督 望月謙
前回のあらすじ:劇場版雪の女王「銀河ギリギリ!とびっきりの最強対最強」
それは、北の海辺の小さな港町。ラギさんとは町の手前で別れて、私は、一人で町へ入ったのですが、そこは、とても変わっていました。だって、いろいろなところに人魚の看板や彫像が、あったからです。
ゲルダ夏服。
ハンスキタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!!
今度は人形使いとして人魚姫の紙芝居(?)をやってる。
もしかしてハンスってハンス・クリスチャン・アンデルセンの分身キャラ?
出番が増えるたびになじんできてる気がするよ。>関口Jr.
町に響くハープの音色。お友達を作ろうと浅瀬を走る少女が一人。
ハンスの興行は大成功。人形劇をやりに次の町へ旅立つ予定。
ハンスなのに彼女がいる!これはなんとかストーンの力を使ったに違いない。
ハンスさんお幸せに。なぜか私そのとき、思っちゃいました。ふふふっ
ここは人魚の町。人魚伝説が伝わると言う。
「オレのかかあも元人魚だ」と言ってみるおじさんのフレンドリィさに乾杯。
おっきいパンをかじるゲルダがかわいい。
町を回るゲルダ。ゲルダの後をつけてたハープの女の子。とりあえず追いかけてみる。
女の子の名前はリリー。なれなれしいリリーにツンツンなゲルダ。
強引に友達宣言して旅仲間になろうとするリリーに、ラギたちがいるから仲間にはなれないと冷たくあしらうゲルダ。
じゃあラギが帰ってくる夕方までお友達、と強制的に宣言。
人魚ミルクティー、ってもう観光名物なのね。声を揃えて「おいしい、ね?」
大きなお城。お城にはもう誰も住んでいないという。人魚姫が住んでそうな。
王子様に恋した人魚姫は声と引き換えに人間になる。でもその足は歩くたびに痛む欠陥品。
人魚姫は王子様の愛を手に入れるしかなく、元の故郷の海へ戻れば泡になってしまう。
「昔の話さ」なぜか達観気味のリリー。
人魚姫は王子の愛を得られず、このままでは泡になって消えてしまう。
彼女の姉たちがナイフを渡し、王子を刺して人魚に戻るように指示する。
結局王子を傷つけることはできず、ついに泡になって消えてしまった悲しいお話。
「刺せばよかったのよ。そうすれば自分は助かったんだから」現代っ子は非情。
「死ねば助かるのに」(違)
「ええっ!だってそれじゃあ王子様が死んでしまう」
「いいんじゃない?人魚姫のこと気づかなかった王子なんてどうなっても。愛はお互いが認め合ってこそ愛よ。心が通じ合わなきゃ、愛とは言えないわ。あたしも、夢を持ってこの旅に出たけれど、出会ったのはつまんない自分勝手な人ばかり。友達になりたいと思う人は一人もいなかった。それで、さっさとふるさとへ帰ろうと思ったんだけど…」
でもリリーのふるさとは秘密。
「帰りたーい、帰れない、帰りたくない帰りたーい」
ゲルダのお友達認定基準は厳しく、まだリリーのことをお友達と認めてくれない様子。
リリーがハープを奏でながらもう一つの人魚姫の話をしてくれる。
昔と違って今は陸に出られる年齢が15歳から12歳に引き下げられた。
人魚のリリーは魔女に頼み、魔貫光殺砲で人間にしてもらう。
元の人魚に戻るには条件がきついらしいけど、それはまだ教えてくれない。

続きを読む
posted by えみゅ at 01:30| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

冒険王ビィトエクセリオン 第4話「ビィト戦士団シャンティーゴに宿屋を開く!?」

脚本   山下憲一
演出   角銅博之
作画監督 佐々門信芳
総作画監督 袴田裕二
グリファスが紹介してくれた家は雲の巣だらけ、ネズミも飛び出す惨状。
ミルファの「宿屋に泊まった方がマシ」の一言から、宿屋経営を思い立つポアラ。
「磨けば光る」グリファス様のデコ…じゃなくてこの廃屋。
「エクセレント、実にクールなアイディアだよ」その言い回しに戦々恐々のキッス。
長らく宿屋がなかった、ってひどい街だなここ。
萌え触角メイド・ダンゴールから開業資金を渡される。グリファス様太っ腹。
一流の宿にしてくれとの思いから。
一方魔牢獄。やりすぎたジェラに代わって第二房筆頭アートロンを指名するバウス。
絵を描くのが好きなアートロンにハケを渡すバウス。任務に成功すれば自由の身だと言って。
「自由とは何ぞや?自由とは…」子供向けとは思えない深さだ。
「ペンは銃よりも強し」アートロンは名言好きか。
勝手にブライティープライムが出てしまうことに悩むリオン。
(自分の意思じゃなかったのか)
恥を忍んで父に聞こうとしたらクラッカーで大歓迎を受ける。
そんな父に愛想を尽かして出て行くリオン。グリファスのトランペットが悲しく響く。
泣きながら育て方を反省し、母の不在を嘆く領主。
グリファスはビィト戦士団の登場で状況は好転しつつあり、しかも次の手も打ってあると自信ありげ。
ビラを配るビィトとキッス。
一仕事終えてポアラのセッティングを見てるうちに故郷・アンクルスのことを思い出す。
ゼノン戦士団が泊まってたポアラ家。(宿屋)
おばあちゃんから伝わる鍋とスープの作り方。そんないい思い出を思い出してるうちに客が。
その客はリオンだったけど。
「ナイスグーッド!これぞまさしく自然と人工物とが織り成す美的センスの極致!」
変な音楽と大津波にキタキタキタキタ━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━!!!!!なアートロン。
「パッションパッションパッションパッション!」キャンバスに赤を叩きつける。
アイキャッチカードA:ミルファ(横の人:ビィト)

続きを読む
posted by えみゅ at 17:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

涼風 第18話「贈物」

脚本   伊藤美智子  
コンテ  石踊宏  
演出   石踊宏
作画監督 平川亜喜雄
萌果の誕生日をナナに教えられ、自分の態度を反省する大和。
土曜日にプレゼント買って本当のいい彼氏になろうと決意する。
萌果に土曜日デートを誘われるが、それじゃあ日曜の誕生日に間に合わないから断る。
安信は年齢分の薔薇の花束とおちゃらける。実は安信ってまったく
管理人さんは心がこもっていればなんでもいい、美穂はぬいぐるみをプッシュ。
優花はプラチナのネックレス、眼鏡(恵美)は指輪を推薦する。
結局自分で考えろと言われて(´・ω・`)
コンビニで女性ファッション誌を見てプレゼント考えてたら涼風にエロ本とかいわれる。
とりあえずわからないので涼風に聞くとネックレス、と。
でも自分で選べないから選んでくれ、とデートに誘う。2時に新宿。
大和は誕生日知らないだろうと涙する萌果。
学校の友達に会うかもしれないから、と池袋じゃなく新宿にした。
優花から大和が萌果にプレゼントを悩んでると聞いて喜ぶ。
誕生日知ってたんだ(好雄に聞いたのかな?)と感動し、お返しを考える。

続きを読む
posted by えみゅ at 22:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

涼風 第17話「彼氏」

脚本   ときたひろこ  
コンテ  石踊宏  
演出   いしはらあゆみ
作画監督 小山知洋
仲直りしたのにヤってないことを責める安信。その会話に美紀も乱入。
大和が押し倒したことを言ったら、美紀真っ赤。ははあこれは安信フラグですね。
キャプテン、引退しても来てるのか。さすが大和好き。
デレ期に入った涼風は美紀に何を言われても上の空。
元キャプテンの大和への愛のムチはまだまだ続く。
携帯がない、レポがある、といろいろ理由をつけて大和が来るのを待ってた涼風。
一緒に傘に入ろうとするが、結局うまく言えず、ぶっきらぼうに差し出してしまう。
その想いは鈍感美紀にもバレバレ。
「大和君なんて、なんとも思ってないわ」とまたバレバレで返す。
その言葉に安心する美紀はパヤパヤ星人。
部内に知れ渡る大和と萌果の仲。
NANA、じゃなくってシラカワナナの映るテレビに目を止める大和。
萌果は大和を友だちにお披露目するために喫茶店に呼ぶ。
で、出てきたその友達が、アイドル・ナナ。

続きを読む
posted by えみゅ at 23:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

闘牌伝説アカギ〜闇に舞い降りた天才 第4話「本物の無頼」

脚本   裏畑達彦
絵コンテ 増原光幸
演出   長崎健二
作画監督 Chang,Kil-young
総作画監督 高田晴仁、梅原隆弘
OPを目瞑って聞くとあら不思議。ジャイアンリサイタルのできあがり。
(友人との約束で福本風に書く予定でしたが途中で力尽きたことを先にお詫びしておきます)
中学生をバーに呼ぶ刑事。通るかっ…!こんなもん…!
料亭笹川で竹吉組組長を立会人にして勝負。
アカギ2、必要経費1、刑事2、南郷5の割合と提案する刑事。
ククク…たしかに胴元丸儲け。ノーリスクハイリターン、リーズナブルでございます。
アカギは南郷600に刑事から200を出させて勝負する。額を減らせば自殺行為。
チキンランのこと話してるけどもうお咎めなし。
あらゆる条件が不利な中、勝負の前提を突き崩して活路を得たアカギ。
その前提とは「死にたくない」
なまじブレーキを踏めば岩場に激突し、むしろ突っ切ったほうが海が深い。
勝負を嫌がる南郷に、死地を超えてきたと説得するアカギ。
南郷を置いて一人で乗り込むアカギ。
若頭の黒崎は初っ端からアカギを脅すが、全く通じない。
ならばとラストチャンスと称して懐柔に打って出る。
アカギは半分、組の許容量の半分を出すなら話に乗ろう、と宣戦布告。
組の男から銃を貰い受けるアカギ。
異様な雰囲気のジジイ。アカギは彼が対戦相手だと見抜く。
アカギはロシアン風に撃ってみせるが、ジジイは全く通じない。
それもそのはず、回転数から発射される回を読んでいたから。

続きを読む
posted by えみゅ at 23:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

おねがいマイメロディ 第30話「子供にもどったらイイナ!」

脚本   待田堂子
絵コンテ 大久保政雄
演出   大久保政雄
作画監督 松本勝次
奏、歌、琴が服のことで大喧嘩。女きょうだいの家にはありがちな光景。
(それにしても奏お姉さまの声がいつもより変)
音楽部の練習をサボって真菜のお好み焼きを食べに行こうとする歌と美紀。
でもマイメロはここでまた邪悪っぷりを発揮。「待ってるよ、永代橋先生(顧問)」
レッツダンスしながら消える美紀たち。さすがナージャ、天然のプロ。
部員が誰も来なくて悲しい永代橋先生。クロノス教諭はどこへ行ってもクロノスですね。
マイメロが来てくれたことに涙を流す。
「先生、泣かないで」ハンカチを差し出すマイメロ。いいなあ。
電話で柊君がエントリーカードを出してないという電話が。柊邸へ急ぐ永代橋先生。
来年ウィーンで開催されるマリーアントワネット王妃国際ヴァイオリン頂上コンクールに出る気はない、と。
もう敵なんてない、コンクールなんて退屈だと思った柊は自由に音楽と向き合いたいと言う。
柊の冷たさにヘコむ永代橋先生。
写真を見て、小さい頃熱心に練習していた柊のことを思い出す。
ウェディングドレスのことを考えるクロミに「またそんな無意味なことを」バクひでー。
クロミは仕事をサボろうとするが、バクにうさぎと亀のウサギ扱いされて怒る。
夢野家でお好み焼き。
歌は琴に子供だから食べちゃダメ、と自分(大人)ルールを振りかざす。
永代橋先生の柊モノマネに爆笑。似てねー。
悩む先生の元に現れたクロミたち。
夢の扉を開いて「柊を子どもの頃に戻す」という夢を叶える。
クロミたちは自分たちの行為に恐怖した。
柊はキスのトラウマから魔法の効果を弾き、それは町へと拡散する。
街中の大人が子供に戻る。歌、美紀、真菜も。
ここぞとばかりに仕返ししようとお姉さんぶる琴。でも三人は家に落書き始めてた。
しかも奏の命よりも大切なブランド物の口紅で。
ドアが開き、命乞いする琴。でも奏も幼児化しててなんとか命拾い。

続きを読む
posted by えみゅ at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

BLOOD+ Episode・3「はじまりの場所」

脚本   櫻井圭記
絵コンテ 工藤進
演出   太田知章
作画監督 宮前真一
雨。石段の上の海が見える場所。ジョージの前に横たわる裸の少女。
引き金を引こうとするジョージに、その少女は微笑みかけた。
酔いつぶれたチョーさんをかつきだすジョージ。
起きた小夜が問う。「私、ここにいていいんだよね?」
商業高校だから女子多いのね。
稲嶺ジュンイチロウ先生の追悼演説。遺体はまだ米軍から帰らない。
生物室での死闘を思い出す小夜。「少しずつ、あの日のことが消されていく」
地位協定のおかげで偽装工作がうまく行ったと上機嫌のアルジャーノ。
2匹目のマウスを捜索中。そのマウスはその頃バス停裏にいた。
小夜の写真を眺め、判断を渋るジョージ。デヴィッドは真実を伝えるよう迫る。
「彼女の望まぬことをした結末は、ヴェトナムで経験済みだ」1話冒頭の虐殺か。
期限は日没。
カオリに背中を叩かれる小夜。元気ないのは朝ご飯食べてないせいだと誤解される。
一緒にお好み焼き屋に行こうって話になったとき、ジョージがクラクションを鳴らす。
「見せたいものがある」

続きを読む
posted by えみゅ at 18:29| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(25) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涼風 第16話「衝動」

脚本   山田由香  
コンテ  きみやしげる  
演出   きみやしげる
作画監督 内原茂
銭湯マンションにやってきた萌果。まだ二人が帰ってきてないことを知り焦る。
優花に煽られるけど、もう付き合ってると心の中で叫んでみる。
新幹線の中。昨日の涼風の行動が気になる大和。
東京駅。ずっと大和を待ってる萌果を見つけ、声をかける。
怒った涼風はツンツンで人ごみの中へ消えて行く。
大和に好きだと言われ、公衆の面前でおアツい二人。
はいはいきすすきすす。
大和と萌果の会話を扉越しに聞いて、ちょっとへこみ気味の涼風。
今日は管理人さんが帰ってこない日。萌果は今がチャンスと目を光らせる。
安信にバレまくりの二人の関係。キスまでしといてヤってないことをツッコまれる。
部屋に呼んでふっふ〜んが一人暮らしの特権。
萌果を呼ぼうとしても、やっぱりできない大和。
コンビニに行こうとしたそのとき呼び鈴が鳴る。ドアの前には萌果。

続きを読む
posted by えみゅ at 03:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冒険王ビィトエクセリオン 第3話「グリファス登場!家出したリオンを連れもどせ!」

脚本   山田隆司
演出   有富興二
作画監督 橋本航平
総作画監督 袴田裕二
「ビィト戦士団は、領主が息子のリオンに勝手にブランディングしたことを聞き、呆れる」
身も蓋もないあらすじ。アイアンライノス(黒)倒せてよかったね。
夜中一人で特訓するビィト。その声がうるさくて起きるポアラ。
メイドさんにも迷惑だと言われてしまう。
ビィトは三日起きて一日寝る体質だから夜眠れないのね。
ビィトの食べっぷりに驚くリオン。あまりのはしたなさにまたメイドが苦言を。
もっとも、領主はなぜか上機嫌。
領主が昨日のリオンの活躍を褒めようとすると、リオンは立ち上がって部屋に戻る。
「最悪の親子関係ってやつ?」ミルファ的確すぎ。
泣き出す領主。
もう一人の髪の長いメイドがイーブルがビィト戦士団に会いたがっていると伝える。
「あのスカしたヒゲのオッチャン」ってまたビィトうますぎ。
思い出し笑いするポアラ感じ悪いな。
会いたがってる人というのはグリファス。リオンの養育係にして天撃隊隊長の一人。
嫌な胸騒ぎを覚えるキッス。
城の暮らしが合わないと愚痴るビィトとキッス。イーブルはグリファスに頼めばいいと言う。
体が勝手にガタガタ震えるキッス。これは本能なのか。
扉の向こうの黒い人影。「君らとはきちんと話したいと思ってねえ」もうキッスガクガク。
「紅茶を用意したのだよ。飲みながらゆっくり話をしようじゃないか。さあ早く…!」
行きたくないキッス。それでもなんとか部屋の中に。
グリファスの顔を見て驚愕する一同。キッスは「かっ、閣下!」と呼びかけてしまう。
「閣下?はて、なんのことかね?うーん、エクセレント」口癖まで一緒じゃん。
「おっちゃん、似てるなー」視聴者代表ビィト。グリファスの目が見開く。
慌てて止めるキッス。
冷静を装うグリファス。「そう、私がグリファスだが君がビィト君かね」
「ああそうだ!しかしほんっとアイツに似てるよ、びっくりした」
血管が浮き出て髪が逆立つグリファス。「だ、誰に、誰に似てるんだね」
地面が揺れ、インクがこぼれる。空気の読めないビィト様はそんなことではひるまない。
「黒の地平を支配していたヴァンデル、グリニデに」
「グ、グリニデだとぉーーーーーっ!!」咆哮とともにガラスが砕け散る。
家でグッズを用意して旅立つリオン。死んだ母にバスターにならないと誓って。
「私としたことが、失礼した」グリファス様ビークール。
ビィト戦士団に来てもらったのは潜在的天力の高い若(リオン)のことで。
いずれはリオンにも天撃隊に入ってもらう予定らしい。
シャンティーゴにある4つの天撃隊
・グリファス率いる炎の天撃隊
・イーブル率いる風の天撃隊
・春雷のトンガ率いる雷の天撃隊
・流水のレイモンド率いる水の天撃隊
「才牙使いのバスターは、育てないんですか?」今ポアラがいいこと言った。
「グレイト!よい質問だ」才牙は攻撃を主目的に生成するもの。
戦いを好まぬこの町では専守防衛のための天撃に特化した。
グリファスをおッちゃん呼ばわりして家のことを切り出すビィト。つくづく大物です。
ダンゴールキタワァ━━━(n‘∀‘)η━━━!!!と思ったら萌えッ子メイドになってる!
またリオンの家出。今月だけでも3回目。
でもいつものプチ家出と違って数日分の衣服と食料を持ってってるらしい。
ミルファはそんな甘ったれ放っておけばいいと厳しい。似てるキッスには優しいのに。
ピクニックがてらリオンを探しに行こうと言うビィト。
「賛成!こんな恐ろしいところから、一刻も早く出たいよ」キッスは本音を隠せない。
「恐ろしい?」
「ヒィィッ」
というわけで、若連れ戻しと安い家賃の家、バーター成立。でも行き先の見当はつかない。
グリファスは赤い宝石(ある意味ドラゴンレーダー)でリオンは北に向かったと知り、それを告げる。ミルファにツッコまれるが勘だと言い逃れる。
ブランディングを消そうと裸で胸をこするリオン。サービス精神旺盛だなこの番組。
と、持ってきたお金がカネックに食い荒らされてて大ピンチ!
アイキャッチカードA:ビィト(横の人:ビィト)声が入ってる!

続きを読む
posted by えみゅ at 02:20| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

舞-乙HiME 第3話「はじめてのケ・イ・ケ・ン」

脚本   吉野弘幸
絵コンテ みなみやすひろ
演出   みなみやすひろ
キャラクター作画監督 門智昭
メカ作画監督 市川敬三
ナギ君から舞闘の提案。
反対するマシロを見て、ニナは将来自分のオトメになるかもしれないんだからと撤回するナギ。
天邪鬼なマシロはそれを聞いて「よし、やるがよいそなたたち」と上機嫌。
ナギは「そんなー」と言ってみせるが、内心思惑通り事が運んでアッカンベー。
平和な街に暗躍するカンザキ=ベイダー卿。土方たちが城の復興にかかる。
なんかエロい格好のマシロ。
サコミズは舞闘は予算の関係で考え直して欲しいという内務大臣の所見を伝える。
ナギのことになるとムキになる、と呟くアオイ。
おっぱいぺったんぺったんキタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!!
舞乙になってからこのアングル多いな。
ヨウコ先生曰く、アリカはナノマシンとの相性がいいらしい。
つまりルナ(サヴァイヴ)ですか。
エレメントやローブを実体化し、筋力や治癒能力を高めるために入れる小さな機械。>ナノマシン
この世界ではガルデローベにしか残ってない技術。
「これで私もあのかっこいいドレスが!クヒヒヒ…」アリカキモカワイイ。
でもGEMをつけてないから一度きり。GEMはナノマシンを制御するピアス。
アリカにGEMをつけるのは正式に学園の生徒になるまでお預け。
ナギのせいで事態が複雑化したことを嘆くナツキ。学園でも瞬く間にその話題が広がる。
怨嗟の声、楽しむ声、それでもニナが勝つよねーな声。
「心配性だねー、エルスは」エルスマンか!(違)
舞闘が決まってからニナはずっと思いつめてる様子らしい。
プレッシャーに押しつぶされそうになるニナをほぐすセルゲイ。
ニナ@幼女。セルゲイの若い頃のアルバムを眺める。
レナ・セイヤーズといちゃつくセルゲイの写真に嫉妬する。
「私、勝っていいんですよね?」
「当たり前じゃないか。勝ってもらわなきゃ困る」
「わかりました、全力を尽くします」
「それでこそオレの娘だ、ニナ」
殿下の気まぐれに振り回されて散々なセルゲイ。
森からレナがかつて歌っていた歌が聞こえ、セルゲイは森の中へ。
歌っていたのはアリカ。小鳥と戯れながら。
またアリンコ顔キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!!リアルすぎ。
ニナとの舞闘をあきらめるよう言うセルゲイ。でもアリカは自分の夢だから、ときかない。
アリカが勝てばニナは学園にいられない。つらい訓練に耐えていながら。
「君の夢はそれだけの価値があるのか?」
三つ編みを口元に当てて悩むアリカがいいね。
ここでばっちゃですよ。「何でもいいから夢を持て。持ったら逃がすな、くじけるな」
つまり「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」と。(全然違います)
聞いたときはわからなかったけど、この学園に来てはじめてわかった。自分の夢が。
「わかった、もう何も言わないよ。君は君の夢を追うといい」セルゲイも納得です。
最後に歌のことについて聞く。
ばっちゃがよく歌ってくれた、すっごく古い子守唄。でも歌詞は一部しか知らない。
母がよく歌ってくれた子守唄らしい。
「微妙に音程が外れてる。人前で歌わないほうがいいな」
「バカーッ!」
ドラクエっぽいBGMキタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!!
窓の外を眺めて(  ̄ー ̄)ニヤリなナギ。
セルゲイはアリカがレナの娘かもしれないという万が一のことを考えて手を打つ。
寮のみんなはテレビでパレードの様子を鑑賞。トモエはシズルお姉様の御姿を見て微笑む。
イリーナとエルスは骨董品をわたしてヨウコ先生のところでテレビを見る。
「先生のかわいこちゃん」=骨董品好き=やっぱ碧、なのかな?

続きを読む
posted by えみゅ at 21:27| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(13) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローゼンメイデン・トロイメント 第1話「薔薇水晶 Rozenkristall」(新)

脚本   花田十輝
絵コンテ 松尾衡
演出   松尾衡
作画監督 石井久美
オサレ度3倍のOP。文字が少女漫画(シュガルン)みたい。
眼球?サイヤ人の宇宙船?と思ったらやっぱ眼球。
人形組立工程。これで君もフィギュア職人。
真紅のネジを回してるのが人形師ローゼン?
ぎこちなく歩き出す真紅。ここらへんの動き神がかってます。
サブタイ音楽、前と一緒でちょっと安心。
学校。こっちは生徒作画しょぼす。BGMも一緒だー。VIVA光宗!
巴からのノート横流しで追いつこうとするJAM君。でも夏休みの宿題もある。
制服はまだ新品。結局学校へはまだ行ってないのね。
ベッドの下に隠れてる雛苺。例によって翠星石と蒼星石が窓から乱入。
「にーひっひっひ、見つけたです」翠星石の表情よすぎ。
なんで翠星石が雛苺を追ってるのかというと、翠星石の「庭師の如雨露(じょうろ)」と蒼星石の「庭師の鋏(はさみ)」に前衛的な落書きをされたから。
でもそれは楽しみに取っておいた苺大福を翠星石が食べたせい。って蒼星石とばっちり。
そのことはぼやかして回転如雨露噴射で攻撃する翠星石。
ここで真紅様からジュンに一撃。お茶の時間を忘れてたってことで。
またいつもの「お前ら、出てけーっ!」
キツネ夫人(犯人)から告白されるくんくん探偵。なんて超展開。
「心配しなくても、くんくんはあんな女に騙されないわ」真紅の信頼はいつも通り絶大。
のり姉キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!!苺大福を持って。
ポシェットに苺大福を入れたことを知り、目を光らせる翠星石。
ジュン君が洗濯物の取り込みを!一歩前進ですか。
「もうすぐ、夜…」目を瞑る真紅。
青い蝶が薔薇に止まるアイキャッチ。鮮やかだー。

続きを読む
posted by えみゅ at 16:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(23) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

闘牌伝説アカギ〜闇に舞い降りた天才 第3話「異端の策略」

脚本   筆安一幸
絵コンテ 鹿島典夫
演出   鹿島典夫
作画監督 繁田亨
総作画監督 高田晴仁
今までのが手間もかかったし評判も芳しくないので技とかにあんま触れず勢い重視でいきます。
八回戦。二人とも上がらず、流局。
読みを確かめるために釣るアカギ。矢木は聴牌を見せ、アカギは矢木を煽る。
「案の定ひねた打ち方、人をハメることばかり考えてきた人間の発想、痩せた考え」
調子を狂わされ、うまくいかない矢木。しかしひよッ子の今なら勝てると考える。
南三局。
キャタピラというイカサマ(自分の手元の2枚を入れ込んで2枚抜く)でドラ8の矢木。
アカギリーチ。リーチの怖さを教えてやると意気込む矢木。
ポンでどんどん飛ばされるアカギ。
ついに矢木、ドラ8でリーチ。リーチは後の状況変化に全く対応できない。
上がり牌以外捨てるしかないから。
矢木の倍満で、残るは南四局。アカギは他のやつらが振込できないと踏んで攻めに行く。
アカギノーテン。アカギには別の狙いがあるのではと読む玄田刑事。

続きを読む
posted by えみゅ at 02:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀盤カレイドスコープ 第2話「キーワードはトマト」

脚本   大和屋暁
絵コンテ 川口敬一郎
演出   鏑木ひろ
作画監督 鳴海聖子
ピートパンツて!どんなパンツよ。とりあえず天国満員→100日後なピート。
完成版OPキタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!
スケートなら、見せパンならオッケーってことですか。テレ東も少し寛大に。
私、タズサ。16歳の女子高生。みんなにはナイショだけど、実は私、憑依されてるんです。その霊はインチキカナダ人の、ピート・パンツ。(略)
タズサと至藤響子(ライバル)の写真を並べてニヤつく男。
ピートの一声で起きるタズサ。
この幽霊のせいで街中では変な人、着替えは目隠し、練習も集中できない、と散々。
しかも、トイレをガマンしっぱなし。この感覚を共有するのは絶対許せない。
謎リアクションに引きながら朝食に呼ぶヨーコ。
何とかピートだけにダメージを与える方法を思案するタズサ。
トマトを食べるたびに聞こえる悲鳴。冷蔵庫に山盛りのトマトを見てOops!なピート。
口では嫌いなのを否定してもトマト責めには耐えられない。
コーチとヨーコはオリンピックへのストレスではと心配する。
明日は記者会見。三代監督からの伝言は「いつもの石膏仮面で記者会見も乗り切るように」
ピートと視聴者に状況説明。
オリンピックを前にしてウインタースポーツブームな日本。
にわかファンが急増してマスコミもそれに便乗中。
日本女子フィギュアでオリンピックを狙えるのはタズサと至藤響子くらい。
至藤の安定感は世界でも引けを取らず、日本のフィギュアの顔。
3月の世界選手権。それで出場枠が決定する。
本当はその二人が出る予定だったが至藤は怪我で欠場。
そこでもミスったタズサ。結局枠は一人に減って、マスコミからバッシング。
いやっほおおおおおお!ノリいいなピート。
その時の会見でスケートの何たるかを記者に説教したため、アンチタズサの機運は最高潮に。
「怪我にも負けずオリンピックを目指す悲劇のヒロイン」と「日本の出場枠を減らした態度の悪い超極悪スケーター」が構図ができた。
妥当至藤を誓うタズサ。生意気ピートはトマトで粉砕。
記者会見。トマトの食べすぎでお腹がぐぎゅるぐる。

続きを読む
posted by えみゅ at 00:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

ラムネ 第1話「ヤドカリと麦わら帽子」(新)

脚本   鴻野貴光
絵コンテ 高田淳
演出   高田淳
作画監督 坂本千代子、長谷川友香
カクレンボ第2話はどうした!(#゚Д゚) プンスコ
と冗談はおいといて、我らが籐野らん後藤邑子のゆるゆるっぷりを楽しむアニメの始まりですよ。
OPから地震テロっすか。
OPの最後の主人公のスマイルが浩之ちゃんのデキソコナイみたいでキモイ。
ファイティングドリーマーってFLOWなのか。(´・ω・`)知らんがな。
海辺の男の子と女の子。また福山潤!売れっ子だ。
男の子はイソヨコバサミを呼び出してエレファスオオカブトに挑む。
「ヤドカニ」を海へ返す女の子。男の子に怒られてはにほ!はうう…。
ヤドカニを女の子の頭の上に置いたら、泣いて帰っちゃった。
新居のふかふかのベッドに喜ぶ男の子。
隣のベランダではあの女の子がパンツ見せながら服干してた。
「あっ、さっきのヤドカニの人!」「おい、パンツ見えてるぞ」
月日は流れ、朝。寝覚めの悪いかつての男の子、友坂健次。
野望(YA-BO)2005キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!!
CG信長の命を受け、健次を斬るCG秀吉。
いや、なんでグレイ。いやそれ以前になんで(コーエーじゃなくて)アートディンク。
下へ降りると、妹の鈴夏が今日は「健次の番」だと教えてくれる。
ベランダをジャンプして不法侵入。よし、お前のあだ名はこれから美羽な。
ヤドカニ少女近衛七海のベッドにはワンちゃんぬいぐるみ。
謎のうめき声。ベッドと壁の間の隙間にパンツ丸出しで挟まってたオチ。
「危ないって(放送コード的に)」健次の叫びもむなしくいくらあがいても抜けない七海。
「すみません、出してください」
制服に着替えて、ランランレイン出発です。走り方がぎこちないのはご愛嬌。
七海は登校中に服を脱ぎだす痴女でした。しかもリボンが引っかかって抜けない。
「うー、このまま満ち潮になったら溺れてしまう〜」何言ってんだこの子は。
健次はここぞとばかりにワキをくすぐって堪能するやな奴。
学校に着くと石和多恵先輩が赤ジャージで掃除してた。
仲のいい二人に思うところのある佐倉裕美。

続きを読む
posted by えみゅ at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぱにぽにだっしゅ! 第拾六話「微かなるより顕かなるはなし」

脚本   金巻兼一
絵コンテ 福田道生
演出   大沼心
作画監督 村山公輔、杉山寛延
アイキャッチ作画 中本和樹
エンドカードイラスト あずまきよひこ
プレーオフで20分遅れ。こう急だとリアルタイム派しか対応できなくてやだね。
メールに返信する一条さん。
やーれんそーらんそーらんそーらんそーらんそーらんはいはい。
黄色いバカンス(橘玲Ver.)っすか。マホのがいいんだけど。
一条さんがついに学校に来なくなった。ここのところ続いた奇行。
机を壁に向けて授業を受けてみたり、廊下でいきなりごろごろ転がってみたり、屋上から飛んでみたり(バンジー!)。心ここにあらずというかいつもの一条とは違う感じ。
で、心配になって諜報部に調べさせたベッキー。
綿貫響はすごいものを目撃したという。(でも床下から現れるのもすごいよ)
ウェディングドレスを見て涙を流す一条の姿。
「←インド ベキ研 ブラジル→」っておい。
何か気づいた玲を遮ってカニの話をしだす姫子。
邪魔するなと都にハリセンで倒されてHP16に。
玲の推測、「禁断の恋」。「禁断のカニ」とか言い出す姫子にはいい動きでアタック入れる玲。
002に連絡を取る響。本屋で立ち読みする一条を監視する002と003、って回り込まれてる!
立ち読みしてた一条はダミーバルーン(ロンドベル製)。
動きのいい指技とパラリラで追われる二人。
パペマペで一服。今日は解散しようとするベッキーを止める玲。
メソウサは勇気部のドアの前で立ち止まる。何とかドアを開けて入るとカトちゃんと老女。
ドアを閉めてもう1回開けると、オオサンショウウオが。「24時間勇気りんりん」て。
入部試験について、「はい、がんばります!」と答えたら追試決定。
002と003の元へたどり着いたベッキーたち。何があったか話せないほど泣く二人。
SD化して逃げる一条発見!都以外はSD化して一条を追う…ことはせずに都に攻撃。
結局都もSD化して一緒に行く。響も嫌がる二人をSD化。
「頭脳戦艦ガル」ってまた細かいネタで。ゲーム状態になって分隊。って棺誰よ!
イベントCGキタワァ━━━━(n‘∀‘)η━━━━!!!!右下に「Hボタンをおす」とか。
伝説の樹の下キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!
地球のケータイでメールする艦長。地球人との接触は規則違反。相手は学級委員の一条。
一条さんの危険を悟り、地球に降りる艦長。


続きを読む
posted by えみゅ at 12:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(4) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

おねがいマイメロディ 第29話「マドンナになれたらイイナ!」

脚本   江夏由結
絵コンテ 森脇真琴
演出   山田一夫
作画監督 稲田真樹
宮前貴子に転生したローズマリーと桜塚美紀に転生したナージャが再び激突する話。
歌の交換日記を覗き見した小暮。歌の絶交宣言。
キラキラ美人で中学生にしては大人すぎの宮前さん。
茶化されて歌なんか女と思ってないと言い放った小暮。
「オレの理想は、ボンキュッボンなんだよ」「呼んだ?」何このやりとり。
山本に撮られまくりのボンキュッボン宮前。
「美人はクラスの財産」「アイドルを越えてる」同じクラスなのに出番がなかったのはご愛嬌。
小暮に迫ってデートに誘う宮前。
「やっぱ女はこうでなきゃ」と歌を煽る小暮。「痛いな」「見てらんない」
絶交宣言した歌はフツーにムッシング。
「女の子にわざと他の女の子の話をするのは、不器用な男の子がかまってほしいからよ」
マイメロママSUGEEEEEEE!
宮前との理想のデートを妄想しても、声かけて振り向いたのは歌、という夢を見る小暮。
小暮からデートの話を聞いて、マイメロと一緒に偵察に向かうフラット君。
パパからいろいろ教えてもらってフラット君はデートのプロ。
その流れでマイメロも誘ってみる。
「フラット君はボーイフレンドにはいいけど、本気になっちゃダメよ」
マイメロママスパイス効きすぎ!!
デートに寝坊してぎりぎりに着いた小暮。宮前は1時間前には待ってろとブチギレ。
「どこへつれていってくれるのっていってるの!」
棒読み女王宍戸留美にこう迫られたら困るよね。
初デートの相手が歌だとばかり思ってたフラット君は驚く。
「駆君は」「めっちゃアホ」「不器用」「なんだって」いいなあこのコンボ。
「なにそれ?歌ちゃんは?」「ぜっこー、してる」「もうわけわかんない!」
デートの場所に、前歌が話してた駅前のアイス屋さんを選ぶ小暮。
女王もご満足。世の羨望も集まる。
でも自意識過剰な宮前の歌批判に耐え切れず、エスケープする小暮。
「歌ちゃんの悪口言われて帰っちゃったよ」「アイスがおいしいー」
マイメロ空気嫁!
たこ焼き食べるクロミかわいい。
翌日、一段と輝いて現れた宮前。昨日の事件はもうクラス中に広まってる。犯人は誰?
男子による女子性格談義が始まる。宮前は自分がないがしろにされることが許せない。
屋上で「黒頭巾とでかなすびの漫才コンビ」(笑)に出会い、夢の扉を開かれる宮前。
小暮がフラット君の忠告を無視しつつ教室へ入ると異変が。
「わかりにくいと思いますが、これ、歌ちゃんです」ハリネズミ君(こっちも沢城)乙。
歌アッパー炸裂。「クラスの女子が、みんな男子になってるんですね」
制服の色も変わってるし。「藤崎、お前は変わってねえなあ」まあ前からですから。
みんなで股間の異物を確認ターイム。教室に響く悲鳴。
「はじめて知ったわ。人間の女の子ってある日突然男の子になるのね」マイメロズレすぎ!

続きを読む
posted by えみゅ at 22:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

闘牌伝説アカギ〜闇に舞い降りた天才 第2話「資質の覚醒」

脚本   筆安一幸
絵コンテ 佐藤雄三
演出   田中洋之
作画監督 Kim,Gi-du
総作画監督 梅原隆弘
昭和33年キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!!
伝説の男・赤木しげるの初めての代打ち。
南一局、竜崎リーチ。竜崎の裏スジを切るアカギ。ドラも関係なく、通す自信を持ってる。
捨牌の声が聞こえるというアカギ。なんかヨハンっぽいぞ。
負け続け、300万背負わされることになりそうな竜崎。
刑事と南郷に説明するアカギ。
安全エリアか危険エリアか、あるいはどちらとも判断がつかないノイズの3種類。
早めのローソウ(六索)切りで本命はリャンウーアン。だからイーマン(一萬)は危険。
竜崎はリーチの瞬間左側を見やったことからマンズ(萬子)待ちだと気づく。
勝負再会。七回戦。
2位の竜崎を2万2千離したアカギ。ここで代打ちの矢木(圭次)登場。
アカギの中連打で竜崎も乗せられ中を落とし、大三元を封殺。
三色にも未練なく、ロン。1000点プラス。

続きを読む
posted by えみゅ at 23:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLOOD+ Episode・2「魔法の言葉」

脚本   大松裕
絵コンテ 神楽坂時市
演出   高橋順
作画監督 植田実
「小夜、戦って」
赤目に変わり、刀を抜く小夜。
さっそく翼手とバトル。自らの指を切り、そして翼手の胴体を真っ二つ。
血にまみれた小夜を見て驚くカイ。
見られたこととガラスに映った自分の顔にショックで気絶する小夜。
「まだ、目覚めていないか」ハジはいつでも冷静です。
カイはチェリスト・ハジに状況を問うが答えはない。
米軍が学校に突入。被害ゼロで制圧完了。ってもしかしてこちらスネーク?
残されたのは日本人の死体とマウスの死骸。
「カイ…」とつぶやく小夜。カイがハジにブチギレたときには、彼はもう横にいなかった。
病室。親父に状況を話そうとするカイ。ジョージは何も聞かずカイを帰らせる。
「オレ、何もできなかった…。ちくしょう…!」

続きを読む
posted by えみゅ at 18:28| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(30) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CLUSTER EDGE 第2話「ベリルの剣」

脚本   池田成
絵コンテ 池田成
演出   鳥羽聡
作画監督 高橋晃
飛行機の引上げ作業。それを見守るアゲート。
居眠り運転のおじさん登場。アゲートが起こしたおかげで(?)なんとか九死に一生。
飛行機の残骸を集めようとするアゲート。おじさんが台車をくれる。
今どきF1レース(ファミコン)なフォン・アイナ・サルファー。
エンジンを回収しておじさんに運んでもらうアゲート。居眠りの礼。
跳ね橋のところで船を先に通させるアゲート。
フォン大事故。あわや運河に突っ込むかと思われたところ、船の上で跳ねて助かるフォン。
アゲート超能力者設定ですか。
で、やってきましたベリルがスルーした学園に来るお客様の出迎え。
でもフォンはそのお客様たち(軍人でかつての悪友)に辟易する。
どこへ行ってもいじめられキャラなのか。>フォン
これから二日間憂鬱なフォンの前を袋からいろいろ落とすアゲートが通りかかる。
「なぁんで、僕が手伝わされてんだ?」m9(・∀・)そりゃお前がいじめられキャラだからだ。
アゲートの部屋は学園の中でも特別待遇の部屋。
アゲートが「オレ」と言ったことで、「学園の入学審査もいい加減だよなあ」と思ってしまうフォンは名家出身。
「ここクラスター学園は、いろんな国の、お行儀のよい、優秀な生徒だけが入学できるんだ。良質の環境で、良質の学問を学ぶ。卒業して、社会をリードする、立派な紳士淑女になるためにね。僕は苦手だけど、ダンスも上手にならなきゃ。ベリルは背も高いし、なにやらしても完璧。さっすがはベリル。そうだよ!そのベリルがズル休みなんかするから、軍学校の生徒の出迎えに、僕が駆り出されちゃったんだ。もうーっ、ベリルの奴!」
ちょっと待ってフォン君。「紳士淑女」ってクラスターE.A.は男子校じゃないのかい?
一方ベリルは穏やかな日常を捨てた母のことを思い出していた。
軍学校の元いじめっ子たちはフォンの車を乗り回し、文句を付けて、挙句に傷つけて壊して去っていく。
いらないよ、こんな車、と蹴りを入れるフォン。
アゲートがそれにちょっと待った。「それ以上その車をいじめてやんなよ」
「ほっといてよ!」と言うフォンに「ほっとかない!」と返すアゲート。
二人で直す。得意なことでがんばればいいと励ますアゲート。
アゲートの得意なことを聞くフォン。「泣きそうな子をなぐさめることかな」
怒るフォン。これはいいツンデレですね。

続きを読む
posted by えみゅ at 07:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞-乙HiME 第2話「乙女の園を駆ける疾風!?」

脚本   吉野弘幸
絵コンテ 長井龍雪
演出   長井龍雪
作画監督 竹内浩志(スタジオライブ)
アリカにペンダントをしまえ、あまり人に見せるなと言うセルゲイ。
マシロを追ってやってきたミコトとアオイ。
あはは、アリカのおさげがハートマークに!おもしろい娘です。
ナツキ学園長へ入学したいとお願いしてみる。
OP、冒頭の右側が新キャラ、左側が旧キャラって言われてるけど、こやまきみこ(ヤヨイ)とか前からクラスメイトとしていたから、右=新(乙)HiME、左=旧HiMEと言った方が正確かも。
アリカが入学したいのは、シズルに憧れ、そして、母(名前不明)もオトメだったから。
シズルの耳フーキタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!!
アリカ感動のあまり気絶。
「ここはどこだ?」とセルゲイを牽制するナツキ。
「しろしめす」ってまた古典語を。(統治する、君臨するくらいの意味かな)
翌朝。お掃除オトメたちがアカネにご挨拶。昨日のシズルの舞闘の話で持ちきり。
ニナが処分されたらトモエがナンバーワンだとそそのかすミーヤ。トモエご謙遜。
ニナは営倉入り。昨日はセルゲイに飛んだのはアリカの飛行石の力と聞かれてそう答えた。
マリア・グレイスバードはローブの無断使用と勝手なマスターとの仮契約を責め立てた。
研究施設の夢。起きたら頭ぶつけたアリカ。なぜかシーツ1枚で素っ裸。
寝覚めの悪いマシロ姫。アオイがぬぎぬぎしてあげる。顔を洗ってシャッキリ。
ここはガルデローベの迎賓館。でも姫には少し狭すぎて、息が詰まるらしい。
ふと窓から外を見ると、愛すべき城が無残な姿に。
で、そのKEEPOUTな城に来ていたセルゲイ。14年前、アリカ母を覗いてたことを思い出す。
アオイがあくびしたミコトに蹴り入れたよ!
ニナとアリカの処遇を審議会にかけるナツキ。
マシロは二人の無礼者のせいで城が壊れたと憤慨。(助けられといてよく言うよ)
マシロは14年前の事件以来国民が心待ちにしていた正当な王位継承者。
来週に即位式を控えているが、反対派も国内に潜伏していて、今回の件は彼らの仕業らしい。
「とはいえ、姫が城の中におられれば、このような暴挙には出られなかったはず。とすれば、そもそもの原因は、どこにあると思われますか?」今回のナツキは政治力高いな。
怒って出て行くマシロ。ナツキはマシロが正当な後継者だということを疑っている。
ヨウコにオトメになれるものとして尋ねるアリカ。でもそれは審議会の結果次第。
審議会とは各国代表が集まって、学園の運営を話し合うところ。
そこへやってきたマシロ姫。「姫?」ってときにアリカの三つ編みはハテナマーク。
身分を明かすマシロ。
そしてアリカのようなチンチクリンでは自分のような高貴な者と命を分け合えないと挑発。
また「べー」キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!!
追おうとしてズッコケるアリカ。審議会に乱入してダカール演説を始めようと外へ出る。


続きを読む
posted by えみゅ at 03:24| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(6) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

涼風 第15話「蛍袋」

脚本   ときたひろこ  
コンテ  福冨博  
演出   山岡実
作画監督 山口光紀
あらすじ:泣いたってぷよまんとコンパイルは帰ってこない
最近大和が意気がってたのでまたツンに戻ってる涼風。
ファミレスかカラオケで夜を明かそうとするが二人とも文無し。
カープ好きの酔っ払いが絡んでくる。男の浮気って…お前勘がいいな。
ラブホで仲直りとか言われて気まずくなる。
とりあえず地元の強みで親に連絡する大和。救援OKらしい。
美紀に報告する涼風。心配になった萌果は電話を借りて大和に代わる。
なんかしょんぼりな涼風。大和から告白したのか聞く涼風。
つい自分からと嘘をつく大和。嘘を取り繕うためにいいとこをあげつらう。
そしたら涼風、ついに怒る。父者が来るまでの1時間半、気まずい空気のまま無言の時間。
父者やっと到着。駆け寄った大和を一発殴る。いい親子だ…。(違)
当初の予定では大和→家、涼風→ホテルだったのに、父者に車に無理やり連れ込まれる。
「あやまれ」=車に乗れ、だっけ?
なんでみんなこんな方言がぎこちないんだ。(父者は案外ましだけど)
涼風の顔がラブひなのしのぶになってるよ!
家の中でも最下層の大和は言われ放題。
縁側で涼む涼風。大和は涼風を誘って散歩に行こうとするが拒否られ(´・ω・`)

続きを読む
posted by えみゅ at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

冒険王ビィトエクセリオン 第2話「バスターなんかになりたくない!」

脚本   成田良美
演出   佐々木皓一
作画監督 工藤柾輝
総作画監督 山室直儀
あらすじ:いなくなってしまったスレッドのこと、時々でいいから思い出してください。
国の偉い人(ヒゲ)に、街に滞在しないかと誘われる船員とビィト戦士団。
だけど、プチ家出したいリオンは船で外へ行くと聞かない。
リオンの強さと決意にビィトは好印象。
だけどビィトにバスターと言われるとリオンは強く否定する。
ショタ金髪好きのミルファはリオンのスカーフ(?)を奪い取り、胸のブランディング(烙印)を見る。
レベル1。随分と有望なレベル1ですね。
ブランディングがないと天力は使えない。
どう見てもバスターなのに、そう呼ばれることを許さないリオン。ポアラも不思議そう。
この国には4つの天撃隊というものがあり、ヒゲ(イーブル)が率いるのは風の天撃隊。
イーブルはビィトたちが戦ったヴァンデルたちのことについては何も知らない。
門をくぐり、シャンティーゴの町へ。
この町ではみんな日常生活のなかで普通に天撃を使ってる。カルベローナみたい。
天撃の町という別名にも納得。
火の天撃の手伝いを頼まれて自分の手を焼いてしまうビィト。
広場では法輪功のごとくみんなが天撃の練習。
リオンは領主の一人息子。天撃を使ったと聞いておばさんは大喜び。
船の修理をするリオンは自分に宿った力を知り、自然とつぶやく。「ブライティー・プライム」
みんなが修行して世界中にバスターを送り出すのかと思ったら、ただこの地を守ってるだけ。
天力陣を作れるのはリオンだけ。天撃とはレベルが違うらしい。
口笛を吹きながら銃を磨くバウス。
復活したジェラがセル音で忍び寄りバウスを殴ろうとするが余裕で受け止められる。
ヴァンデルは何をしたっていいはず。なぜ自分は捕まっているのかと問うジェラ。
わたすもそれは気になってたけど、バウスは華麗にスルー。
魔銃機ブーランガを渡し、再びシャンティーゴ攻略を命じる。
バウスはジェラが捕まっている理由には答えず、成功すれば釈放すると言うばかり。
ビィトたちは二頭身の領主に謁見する。
アイキャッチカードA:ビィト(横の人:ビィト)


続きを読む
posted by えみゅ at 23:54| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ToHeart2 第2話「おさななじみ」

脚本   中瀬理香
絵コンテ 松浦錠平
演出   松浦錠平
作画監督 杉藤さゆり、杉本光司
学園を離れるお姉さまこと向坂環。
3人娘(右の「うん、うん」って子がかわいい)が名残惜しむ。
7年前の約束を叶えるために。卒業まであと1年…!
向坂邸。外は雨。雄二の言葉に従って避難して正解なタカ君。
よし、これからうほタイム!と思ったらタマ姉が鈴で弟・雄二を呼び出す。
タマ姉がふすまを開け、タカ君にお茶を出す。
気づかないタカ君。(向坂家って時点で気づかないのか!)
「えと…もしかすると前にどこかで、お会いしたことが…あるんですね?」
名前が思い出せないタカ君。タマ姉はもううれしそうにドッキリタイム。
他愛もない会話。緊張しすぎ。タマ姉はそんな様子を見て本当に楽しそう。
3月24日(金)。戻ってんじゃん。
3年のカリキュラムを2年で終えたタマ姉。
「全寮制だから、勉強もはかどったのよ」いや、そのりくつはおかしい。
「まだ、このウチよりは自由だったから」
なんで跡継ぎなのよタマ姉。女子相続家か、進歩的な。
「三国一のお婿さん」って三国一なんて表現、ときメモの好雄くらいしか使わないってばさ。
タマ姉が来たのに気づいてタカ君と一緒に隠れる雄二。でも、頭隠して尻隠さず。
雄二がもう一足先にドッキリのネタバラシをして、極秘裏に逃がそうとしてた。
「タマお姉ちゃん好き好き大好き大作戦」が失敗したタマ姉はシャイニングフィンガーで雄二の頭部を破壊する。(ガンダムファイト第1条により失格)
しつこく家に呼んだのも、用事があると言ったのもタマ姉に言われて仕方なくやったこと。
「ねえタカ坊、ずっと前にもこんなことあったわねえ」
つっかまえたーとタカ坊を押し倒すタマ姉。これ何てエロゲ?
7年ぶりのタカ坊を味わいつくす。
そこへなぜかこのみもやってきて仲良く3P
「かわいくてぇ、食べちゃいたいな!二人とも」タマ姉なら本当に食べちゃいそうです。
罰として雄二は一人だけ飯抜き。タマ姉ひどすぎ。

続きを読む
posted by えみゅ at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

Canvas2〜虹色のスケッチ〜 第2話「マンダリンオレンジの再会」

シナリオ 吉田玲子
絵コンテ 川崎逸朗
演出   千葉大輔
作画監督 岡辰也
アイキャッチ 児玉樹
桔梗霧。生まれも育ちも北海道。今回欠員が出たということで撫子学園高等部へ赴任。
大学(まだ実習生なんだよなそういえば)で桜塚恋にサボリをつっつかれる浩樹。
美術部のモデルを頼んだら浩樹が描くならOKと言う恋。
「悪いけどオレ…巨乳しか描かないから」このおっぱい星人め!
芸術系だけでなく体育系にも力を入れていきたい理事長代理。
というわけで、霧はバスケ部顧問に。
ロリッ子とお食事。大学も高校も併設なのね。
そこへ霧が現れ、浩樹にAランチをパシらせる。
萩野・ロリ・可奈は浩樹の秘密を探るため霧と接触。
浩樹は美大に一浪して入ったから、霧と一年差が生まれてしまった。
二人は高校時代別れて以来の再会。
まだ正式赴任してないのにいつも高等部を徘徊してるので先生呼ばわりされてる浩樹。
本気でバトルモードのエリスも登場。とりあえず霧を牽制。
激化するエリス・霧戦。その雰囲気に耐えられず、食うや食わずで食堂を出る浩樹。
可奈は芸能記者張りに、エリスに今の状況を尋ねる。小説の材料にするために。
「お兄ちゃんと妹が結ばれるのって、ちょっとエッチな感じで、可奈的にはあんまり書きたくないんだけど」そのセリフにエリスブチギレ。
今絵を描いてないことを霧に言い出せなかった浩樹。
浩樹は体育館の外に転がったボールを持ってきた。
高校時代を少し振り返りつつ、「がんばれよ、桔梗先生」と体育館を後に。
霧の引き止める声。今夜家に行きたいと言い出す。「また修羅場か」と気が重い浩樹。
振られた相手との偶然の再会に、いろいろ思うところのある霧。

続きを読む
posted by えみゅ at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロボットアニメヒロインズ第三弾はなんと…

種デスが終わって早1週間。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
なんか恐ろしい(そしてすばらしい)サプライズニュースを聞いたのでちょっと紹介。
メガハウスのロボットアニメヒロインズ(RAH)シリーズといえば、
第1弾はルナマリア、メイリン、ステラ
ロボットアニメヒロインズDX 機動戦士ガンダムSEED DESTINY(再販):3種セット【メガハウス】
第2弾はルナマリアMK-U、ミーア、アスラン(アスランはヒロイン!)
【10月下旬入荷予定(10・12・1月分納)】エクセレントモデル RAHDX 機動戦士ガンダムSEED DEST...
で大人気のフィギュアシリーズですが、第3弾のラインナップはすごい!
この流れで来たら、(´-`)。oO (次はキラか…)とか
( ゚∀゚ )<カガリ出てアスカガ完成じゃん とか思うに決まってます。
でも種デスの商品化企画担当が斜め上なのはPEPSIのラインナップで、わかっていたはず…!
第3弾の驚愕ラインナップはCMの後。

続きを読む
posted by えみゅ at 00:04| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

カクレンボ KAkuRenBo

脚本 森田修平、黒史郎
原案・監督・絵コンテ・演出・CGIアニメーション・編集 森田修平
キャラクターデザイン・世界観設定・レイアウト・美術 桟敷大祐
東京のような繁華の町中でも、夜分だけは隠れんぼはせぬことにして居る。
夜、隠れんぼをすると鬼に連れていかれる。
(柳田国男『山の人生』より)
これはやけに先鋭的なラムネですね。
今流行の「少人数でこれだけ作ったんです!見て下さい」っていう自己満足型CGアニメ。
「オトコヨ様のお遊戯」こと秘密のカクレンボに参加する少年たち。
ヒコラは妹、ソリンチャを探すために。ソリンチャはこれに参加していなくなった。
途中、鬼たちに追いまわされる。ってこれ鬼ごっこじゃん!
カクレンボを参加してた女の子はソリンチャに似ていた。
ヒコラ、ヤイマオ、女の子の3人は地下街を出て橋に着く。
そこでヤイマオは原住民の化け物に踏み潰される。そして気絶するヒコラ。
気づいたとき、女の子はカクレンボを始めようとしていた。
ヒコラはその子がソリンチャであり、この遊戯の主催者だと確信する。
女の子の狐の面は般若へ変わり、このカクレンボシステムを説明する。
ヤイマオたち捕まった参加者はみんな街の動力システムに組み込まれていた。
彼の叫びとともに街の明かりが点く。
そして、ヒコラは女の子から面を渡される。「次はあなたが、鬼」
途絶えることなく続いていくカクレンボ。

カクレンボDVD
posted by えみゅ at 15:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀盤カレイドスコープ 第1話「100億ドルの女」(新)

脚本   大和屋暁
絵コンテ タカマツシンジ
演出   菱川直樹
作画監督 梁光錫
藤井隆が「vestige」の中国語版を歌ってたけど、あれは一体?(前番組)
キャラ絵が何かに似てると思ったらアレだよ、アニメカノン。顔も塗りも。
OP短い!植田益朗って83ビデオのインタビューのヒゲプロデューサーだよね?
高松信司、なんで半角カナ?
カナダ・モントリオール。トリノへの第一歩を踏み出す桜野タズサ。
飛行機と同期して演技を披露する。でも飛行機墜落(=タズサトリプル失敗)。
表情のないタズサが女帝リア・ガーネット・ジュイティエフ(今回1位・ロシア)、ドミニク・ミラー(今回3位・アメリカ)、聖女ガブリエラ・パピィ・ポッゾ(イタリア)にかなうはずはないと言うイヤミ3代こと三代雪江。それぞれ最高の笑顔を持っているから。
「あんまりにも表情がないんで仏像か何かと間違えて拝みそうになっちゃうのよ」ひどすぎ。
タズサを石膏仮面呼ばわりして去ってく三代。
あんなのが総監督な日本のスケート界は暗い、とブチギレるタズサ。
もっとも、超プラス思考の高島コーチはそれを励ましととらえたけど。
廊下でドミニクとぶつかるタズサ。でも英語で言われてもわかんない。
「ぷりーず もあ すろーりぃ」英語がわからないと知ったドミニクはタズサをまくし立てる。
英語はわからなくてもなんだかひどい言われようをしてるのだけは何となくわかったタズサ。
響いてくる声に従って叫ぶタズサ。"Kiss my ass!"(品がないので訳しません)
ドミニク退散。
空港で質問攻めに遭うタズサ。タズサを守るコーチ、いい男!
妹のヨーコ(千和)が起こしにキタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!!
「(作った朝食を)残したらぶっ飛ばすから!」 いいねえ勝気で。
コーチと一緒に住んでるのか。謎だ。
登校しても記者たちがいる。タズサを励ます本城ミカ。タズサは次は絶対勝つと決める。
「ごきげんよう」「ごきげんよう」さわやかな朝の挨拶が、澄みきった青空にこだまする。
トゥーランド女子学園。明治云十年創立のこの学園は、もとは華族の令嬢のためにつくられたという、 伝統あるカトリック系お嬢様学校である。(以下略
なぜか少年の声が聞こえるタズサ。「うるさい、だまれ!」
「うるさいのはあなたです、桜野さん」とシスターにたしなめられてしまう。

続きを読む
posted by えみゅ at 07:01| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

BLOOD+ Episode・1「ファーストキス」(新)

脚本   藤咲淳一
絵コンテ 松本淳
絵コンテ協力 吉川尚哉
演出   松本淳
作画監督 石井明治
密林の銃撃戦。魔物も人も、容赦なく斬る女性。
彼女に銃弾は効かず、軍人も村人も女の子もみんな斬り殺されてしまう。
「企画:竹田青滋」に驚く。今度は単独かよ。Pじゃないし。
OPは高橋瞳「青空のナミダ」。「土6」組の中ではうまい方だから、出来にも納得。
さて、始めるとしますか」ムル太MSに乗るの?ムル太。
これはいい涼風ですね。
釘宮の声合ってなくない?とか思ったらパヤパヤキタワァ━━━(n‘∀‘)η━━━!!!!
おなかが空くと力が出ない小夜。玉子丸呑みですか、豪快な。
またパヤパヤ!「うらやましい奴め!」
空を駆ける爆撃機は戦争に向かう。香里はベース(米軍基地)に勤める母から聞かされてる。
基地依存体質の沖縄。でも1年前より前の記憶がない小夜には関係ない話。
みんなの憧れ、カイ先輩と一緒に帰る小夜。
でも外で喧嘩したり、怪我して帰ったりと、イメージどおりではないらしい。
元野球部のエースピッチャー。
小夜はバイクで送ってもらう途中、カイに野球をやってたか聞く。それは小夜が来る前の話。
「過去なんて関係ねえ。オヤジもそう言ってただろう?オレたち家族、血のつながりはねえけど、今は家族なんだ」
米軍基地からマウスが2体逃げ出した。行き先はおそらくコザ。(沖縄市=コザ市+美里村)
ラジオから聞こえてくる名護市の連続通り魔事件。
鋭利な刃物で刺されているが血痕がないため、他の場所で殺害されたものと思われる。
ベッドに横たわる小夜。記憶はまだ戻らない。
「記憶かぁ…。なるようにしか、ならないよね」
右手に包帯を巻いた演奏家。
その音色に乗って廃城に忍び込み、鍵を開けようとするのを止める小夜。
「ダメ!」と叫んで転んでしまい、恥ずかしくってその場にいられなくなったけど。
その様子を見ていた謎の男。

続きを読む
posted by えみゅ at 23:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(16) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

舞-乙HiME 第1話「ユメノ☆アリカ」(新)

脚本   吉野弘幸
絵コンテ 小原正和、竹内浩志
演出   渡邊哲哉
キャラクター作画監督 久行宏和
メカ作画監督 大塚健
10分遅れに気づいたのがAのCM中。マジ危なかった。
オーファンたちに攻められる王宮。侍女は姫を抱え、下水道から脱出させる。
そして侍女の前に立ちはだかるはMS化した関俊彦。(笛のお兄さん)
14年後。鋼の第1話風に砂漠を行く少女。
セルゲイ・ウォン(関智じゃないよ小西克幸さんだよ)はグーラックの大発生を見つけ、それをネタにナンパする。
へたりこむアリカ。砂塵の中を進む大戦艦に助けてもらおう、と追う。
ロゴ、これ明らかにΖ(ゼータ)舞-HiMEじゃん。
OPはまた栗林みな実で「Dream☆Wing」。最終話のタイトルはこれで決まり?
アリカは舞衣よりは好きになれそうっぽい。
戦闘シーン迫力ないなあ。戦闘服も武者っぽくて微妙。
コーラルNo.1のニナ・ウォンにはメロンクリームソーダのサービス。
「未来のオトメに」「麗しのオトメに」「オトメにー」「オトメにー」
ここでニナは「♪オトメじゃないオトナです」とか歌ったりせず、照れて立ち上がる。
死にかけのアリカは礼を言うニナを横目にクリームソーダに突進。
テーブルからすっ飛ばしてしまったところをナイスキャッチ、アンドドリンク(動詞)。
ニナはクリームを顔でナイスキャッチ。あざといぞスタッフ!
ニナに駆け寄る養父セルゲイ。でも最初に目が行ったのは大股開きの足。
胸騒ぎがする今度は学園長なナツキ・クルーガー。
今回も京都弁なシズル・ヴィオーラ。
なんだこのないちち強調アングルは。
「あの事件」から14年、いまだ姫を見つけられないナツキ。来週は姫の即位式なのに。
人前で醜態を晒したことを父に謝るニナ。セルゲイは「不幸な事故」と気にしない。
空気読めずに犯人アリカがお礼を言う。でも「ニーナ」と呼んでいいのはお父様だけ、らしい。
「君は…何かに似てると思ったが、思い出した。モコナありんこだ!」
「ありんこ言うな!私はアリカ!(CCさくらゲームで有名)ユメミヤアリカ!」
それは失礼、とお付きの眼鏡と一緒に帰って行くアルタイ公国大使館駐在武官セルゲイ・ウォン(少佐)。
「ありんこ嫌いだー!ありんこ言う奴も嫌いだー!べーーーーっ!」
おもしろい、いえ、個性的な子ですね。
「あら、いいじゃない?アリンコアリカって」ニナ容赦ねえ。
ジュースの御礼をしようとするアリカ。「恩を受けたらちゃんと返せ」と婆っちゃに言われてた。
つきまとうな、とつめたいニナ。ははあ、これはツンデレってやつだな。(←単純思考)
モノレールに驚いてはしゃぐアリカ。サンドポートからウィントブルームへ。
「ニナちゃん、何か怒ってる?」
やっばい、まんまモコナだよ。「ニナちゃん」を「黒鋼」に脳内変換してみよう。
地下から外へ。地下鉄と言いつつ銀座線、みたいな。
姫様を探すアオイ・セノーと迫水(こっちでの名前知らね)。ミコトが超かわいい。
ウィントブルームはサヴァイヴ1話のような未来都市。
アリカは昔オトメをやってた母を捜しにガルデローベ学園にやってきた。
オトメになれば何かわかると思ってガレルヤなる僻地から上京してきた。
このウィントブルームは地球時代の技術がいちばん残ってる街。
テレビに映ったシズルを姫と勘違いするアリカ。
ニナが彼女はオトメ・マイスターだと訂正する。
ホログラフを魔法みたいとモコナモドキもドッキドキなアリカ。
ホログラフを指差しまくってるうちに、屋上で悪人たちに追い詰められたマシロを発見する。
「わらわを捕まえようなど100年早いわ!べーっ」マシロおもしろすぎ。
横のビルへと飛び移ろうとして余裕で落ちるマシロ。ニナは彼女を助けようと爆速。
アリカの神速はそれより速く、ニナは生涯はじめての敗北を喫する。
アリカとニナで布を広げて姫様キャッチ。かと思いきや跳ねて箱に突っ込む。
再びやってきたレッドベレーたち。
マシロは彼らを悪い人攫い呼ばわりして自分を助けろとアリカたちに命じる。
「大変だーっ!婆っちゃの言ってた『アウトローな人たち』だー!」
とマシロを連れて逃げるアリカ。
ニナは身分を名乗ろうとするレッドベレーに問答無用で我道拳を入れる。
前から現れた敵をアリカがジャンプしてニナが仕留める。
気づくと、マシロは川に沈んでた。
それを見て写真と照合する、水晶を持った怪しい男。

続きを読む
posted by えみゅ at 15:32| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(13) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。