ブロードバンド料金比較 楽天仕事市場 ブログマーケティングムシキング歌詞取り放題 そろそろIT系に転職しませんか?格安航空券を買うなら「空の旅.COM」

アットローンにまかせろ 日本最大のチケット売買サイト『チケット流通センター』ファイナル・ファンタジーXII 発売迫る!絶賛予約受付中 楽天フリマのアウトレット特集楽天ダウンロード

2004年11月09日

To Heart 〜Remember my memories〜 第5話「越えるべき壁」

脚本   叶希一
絵コンテ 中村主水、椛島洋介
演出   椛島洋介
作画監督 青山まさのり
明日はエクストリーム大会。非戦主義者マルチ。心の優しい子です。
今気づいたけど、このOP理緒いねえ(´・ω・`)。気づかなかった自分にも(´・ω・`)。
国体女子キックボクシング準優勝とかレスリングのインターハイチャンピオンとか、すごいネームだ。
坂下がエクストリームに出るってのはどうなのよ。
いくら綾香と戦うためでも曲げちゃいかんだろそこは。
今回の芹香お嬢様セリフ。
あかり「先輩はやっぱり綾香さんの応援ですか?」
芹香「選手の皆さんです。それと、あまり大きな怪我のないように…」
いつもより声大きかったから聞き取りやすかったね。
試合中の黄色い口、マウスピースか。そんな前面に出るものか?
綾香は登場からサービス精神旺盛だ。
あ「はい、来栖川先輩」
芹「ありがとうございます」
傷つけあうことに心を痛めるマルチ。
ベンチに現れる綾香。坂下に煽られて気分が悪いので葵の戦法を叩く。
戦法を考えた琴音、立場なし。

攻め、攻め、攻めで葵、ぎりぎりの勝利。
事実上の決勝戦、綾香対坂下。一発で坂下をKO。それを見て戦意喪失する葵。
なんだこの格ゲーッぽい入り方は。
なんと言われようと自分の試合をすると決めた葵。
裸マントのチャンピオン・綾香との決勝。
綾香に飛び込んで不意打ちをかますが効果薄。
2ラウンドで綾香の蹴りが炸裂。葵、なんとか立ち上がる。
琴音のアドバイスって精神論ばっかじゃないか?
女王は勝ち続けるべきなのではなく、強くあるべきと言う綾香。
粘る作戦じゃなくて本気で行く。
葵は綾香の蹴りをよけ、回り込んでボディを決めた。
新チャンプ・松原葵の誕生。
BGMはいつもの。
マスコミから二人をガードする浩之が微妙。
なぜだかわからず、でも感動して涙を流すマルチ。

葵は綾香に勝っちゃダメだと思ってたけど、1年後の物語だからいいのか。
にしても、坂下が弱すぎて萎えるが。
あと、相変わらず話の軸はマルチなのね。

関連
To Heart 〜Remember my memories〜 第4話「強さと、優しさ」

収録巻:DVD第3巻(第4話、第5話収録)


posted by えみゅ at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。