ブロードバンド料金比較 楽天仕事市場 ブログマーケティングムシキング歌詞取り放題 そろそろIT系に転職しませんか?格安航空券を買うなら「空の旅.COM」

アットローンにまかせろ 日本最大のチケット売買サイト『チケット流通センター』ファイナル・ファンタジーXII 発売迫る!絶賛予約受付中 楽天フリマのアウトレット特集楽天ダウンロード

2004年10月26日

ファンタジックチルドレン 第4話「シノン」

脚本   三井秀樹、なかむらたかし
絵コンテ 古川順康
演出   古川順康
作画監督 中村深雪
チットと一緒にヘルガを助けに向うトーマ。
でもなんだか様子が変。脱走犯捜索の厳戒態勢。
トーマの「閉じ込められてるのは脱走犯じゃない」って理屈で施設へ突入。
なんかこういうグラサンがいっぱい出てくるシーン見るとキャラデのせいで鉄人思い出すな。
木を登ってヘルガの部屋へ。怖がりなチット。
部屋は無人。絵の残骸だけ。
チットとの再会を喜ぶヘルガ。でもトーマの印象は激マズっぽい。
脱走中も露骨に嫌がられるトーマ。これはもうダメかもわからんね。
森の中から聞こえる「タスケテ…」の声。

大木の根元で助けを求める老女。
ヘルガはその手を握る。
「何もしていない」と言う「脱走犯」
死んだ妹が彼女の前に現れる。
「なぜ死ななくてはいけないの…私はまだ24なのに」と話し始める。
トーマとチットは信じない。
「母さん、もう一度会いたかった…」そう言ってヘルガの手を握る。
軍隊の突入。トーマは拳法で抵抗したがあえなく囲まれる。
そして、力尽きる「老女」
彼女の犯した重大な犯罪とは…?
島からの脱出。海上にたたずみ、そして消えていく「妹」

翻って現代。部屋で妹と遊ぶのは年老いた老人だった。

これから人工老化とかタイムスリップによるズレとかがポイントになってくるのかな。
ラストの人は多分失踪した兄だろうし。(前回100年前の写真が出てたからね)

関連
ファンタジックチルドレン 第3話「行きたい場所」
ファンタジックチルドレン 第5話「コックリ島」

収録巻:DVD第2巻(第3話、第4話、第5話、第6話収録)
posted by えみゅ at 01:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック