ブロードバンド料金比較 楽天仕事市場 ブログマーケティングムシキング歌詞取り放題 そろそろIT系に転職しませんか?格安航空券を買うなら「空の旅.COM」

アットローンにまかせろ 日本最大のチケット売買サイト『チケット流通センター』ファイナル・ファンタジーXII 発売迫る!絶賛予約受付中 楽天フリマのアウトレット特集楽天ダウンロード

2004年12月25日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-12「血に染まる海」

脚本   大野木寛、両澤千晶
絵コンテ 西澤晋
演出   高田昌宏
作画監督 キャラクター 山口晋 メカニック 西井正典、有澤寛
積極的自衛権の行使、オーブの大西洋連邦との同盟締結、ミネルバの出航。
「敵に回るっていうなら、今度は俺が滅ぼしてやる、こんな国!」
シンのオーブ嫌悪(カガリ嫌悪)はさらに増幅される。
オペレーションスピアオブトワイライト発動。ザフト軍の地球への降下が始まる。
ミネルバの位置を大西洋連邦に知らせたユウナ。
カーペンタリアとの交信はまだつながらない。アーサーの「えーっ!?」が素。
オーブ領海を抜けた途端に待ち構える連合軍。
後ろにもオーブ軍がいて、領海へ戻ることを許さない。どうもハメられたようで。
各員に緊急状況だということを伝えるタリア艦長。
「海におちるなよ、ルナマリア。落ちても拾ってはやれない」「いじわるね」
レイとルナマリア、いいやりとりだ。
久々のインパルス出撃。早々に大戦闘の予感。
海を見つめるキラ。「誰かが泣いてる…また」ミネルバクルーの戦闘を感じているよう。

続々とミサイルを打ち込まれるミネルバ。
インパルスもウィンダムを落としまくるが、数が多すぎる。
連合は新型モビルアーマー・ザムザザーを使用する。ミネルバはタンホイザーで迎撃。
陽電子リフレクターのために効果はない。圧倒的な火力と機動力でインパルスも苦戦する。
大西洋連邦との同盟条約のためにミネルバを領海に入れさせないことは当然だとカガリを諭すユウナ。カガリは納得しないが、何もできない。
「国はあなたのおもちゃではない。いい加減、感傷でモノを決めるのはやめなさい」
オーブ旗艦司令、かっこいいな。「以前国を焼いた軍に味方し、懸命に地球を救おうとしてくれた艦を撃て、か。こういうの、恩知らずっていうんじゃないかと思うんだがね、俺は。政治の世界にはない言葉かもしれんが」
「警告開始。砲はミネルバの艦首前方に向けろ。絶対に当てるなよ」「司令、それでは命令に!」「知るか。俺は政治家じゃないんだ」
領海内に接近するミネルバ。オーブからの転進要請。しかし今転進すれば全滅する。
ザムザザーに右脚をつぶされるシン。そこで走馬灯。
逃げ惑うマユ、サトーとの戦い、慰霊碑、そして再びマユ。
極限状況での種割れ。デュートリオンビームでエネルギーを補給。
(余談だけどなんでこのときのインパルス、右脚があるんだろう?)
ビームサーベルを突き刺してザムザザーを落とす。
ソードシルエット射出で換装。久々のソードインパルス。
連合の艦隊を次々に落としていく最強モードのシン。
ユウナはその状況を見て愕然とする。
ザフト軍制服を再び着るアスラン。なぜかまた乳が揺れるラクツー(ミーア)。
デュランダルからの気遣いでアスランは「フェイス」に。
アスランがその力を使ってくれるように。
「大仰な言い方だが、ザフト・プラントのためだけではなく、皆が平和に暮らせるような世界のために」この人、ほんとに裏がありそうでありそうで尻尾出さないな。
そして、ミネルバへと合流を急ぐセイバー。
ミネルバにAAの役割を期待するって第三勢力として戦局を撹乱させてほしいのか、議長は。
「アスラン・ザラ、セイバー発進する!」
ガンプラ劇場は模型店。1/60フォースインパルスって…前もやんなかった?
1/60フォースインパルス1/100ボールver.Ka,と1/100リックディアス(赤)1/1700ムサイ級軽巡洋艦の宣伝。
今回のパスワード:21T
暁の空に飛べ、フリーダム!
ってことはキラ復帰か。待ってました。

関連
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-11「選びし道」
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-13「よみがえる翼」

収録巻:DVD第3巻(第9話、第10話、第11話、第12話収録)


シン・アスカが本作の主人公だったことを視聴者に教える、ある意味ドッキリのような話。
しかし種割れだと視聴者は置いてかれるなあ。前作の虎戦思い出すよ。
オーブ旗艦司令のシーン、よかったんだけど「以前国を焼いた軍に味方し、懸命に地球を救おうとしてくれた」っていうのが具体的に何を指すのかわからなかったべ。
「懸命に地球を救おうとしてくれた」=ユニウスセブン破砕なんだろうけど、「以前国を焼いた軍に味方し」ってのがわからん。別に破砕作業で連合と共同したわけじゃないしな。
どっちかって言うとバトルしてたわけで。

「以前国を焼いた軍に味方し」=オーブが連合につくこと
「懸命に地球を救おうとしてくれた艦」=ユニウスセブン破砕に尽力したミネルバ
ってことですね。きゃらみさん、わかりやすい解説ありがとうございます。
今回の注目は何と言ってもMAザムザザー。3人乗りってのがもうキちゃってる。
後ろの人はっきり言っていらないしな。指示出してるだけで。
デザインもヤバいね。悪役顔。噛ませ犬にふさわしい。まあそういう意味で正統なMAです。
あと、アーサーが萌えキャラだということに気づきました。
「左前方の艦隊をなぎ払う」「えーっ!?」「沈みたいのっ?」「あ、はいっ!いいえ!」


posted by えみゅ at 18:42| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(17) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「知るか。俺は政治家じゃないんだ」
このセリフ良かったですよね。
軍人として、というか、人間として真っ当な価値観を持った人がいてくれると、ほっとします。
あの司令、また登場して欲しいです。
Posted by えのっち at 2004年12月26日 01:25
「以前国を焼いた軍」ってのは、連合の事でしょう。
”国”ってのは、もちろんオーブ。前作で、オーブ壊滅の直接の原因は、連合(ってか、アズラエル)の攻撃でしたから。

なので、件のセリフをかみ砕くと、
「命がけでウニウスセブンの破砕作業を行って地球を救おうとしてくれたミネルバを撃て、というのは恩知らずもイイところだ。……しかも、『オーブを滅ぼそうとた連合に協力してミネルバを撃て』なんて命令、素直に聞けるわけ無いじゃん。クソ政治家どもめ!!」
ってくらいの心情ではないでしょうか。たぶん。
Posted by きゃらみ at 2004年12月26日 05:25
>えのっちさん
筋の通った人はやっぱり魅せてくれますよね。
ラル役やGXのカトック役でガンダムにはなじみの深い広瀬正志さんだったので、再登場もありそうなですね。

>きゃらみさん
解説ありがとうございます。
おかげで疑問が吹っ飛びました。
本文のほうもそれに従って訂正追加させていただきました。
Posted by えみゅ at 2004年12月26日 11:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

SEED DESTINY12話
Excerpt: PHASE-12 血に染まる海 二話目です。...
Weblog: あらためまして。
Tracked: 2004-12-25 19:33

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-12
Excerpt: PHASE-12 「血に染まる海」 2話連続の2本目??! やっと、シンにも活躍の時が!!(ぉ いやホントに(苦笑 オペレーション『スピア・オブ・トワイライト』発動! ついにザフトの地..
Weblog: + SERAらく日記 +
Tracked: 2004-12-25 19:45

ガンダムSEED DESTINY PHASE-12 「血に染まる海」
Excerpt: いきなり次回は、「暁の空に飛べ、フリーダム!」ですか! ちょっとこれは予想外でし
Weblog: SEEDs
Tracked: 2004-12-25 20:14

第12話「血に染まる海」
Excerpt: ザフト軍の地球降下作戦が開始された。 地球上の拠点を包囲する大西洋連邦軍との戦闘がはじまった。 カーペンタリア基地からもモビルスーツが出動し、地球軍はウィンダムを主力とした部隊で応戦する。 ..
Weblog: 機動戦士銃自由種運命
Tracked: 2004-12-25 21:37

機動戦士ガンダムSEED DESTINY #12「血に染まる海」
Excerpt:  ザフトの降下作戦が始まる中、出航したミネルバ。しかし前途は多難でした。 (しかし、SEED DESTINY世界のモビルスーツは簡単に飛行しますね、…まあいいんですが。)  前方に地球軍艦隊、後方オー..
Weblog: アニメひとこと感想など
Tracked: 2004-12-25 23:25

感想文:機動戦士ガンダム SEED DESTINY PHASE12
Excerpt: こんばんは。nasです。 今回は感想文「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第12話です。 例によってネタバレ注意。 (ちなみに第13話は1月8日。一週休みなのでご注意。また、2時..
Weblog: みかん。
Tracked: 2004-12-26 00:17

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第12話
Excerpt: 第12話「血に染まる海」 例によって、先週の復習から始まり〜。 …っと、先週じゃなくて、さっき見たばかりでしたが。 ザフト軍降下作戦、開始! 迎え撃つ地球軍と戦闘が始まる。 オーブ軍戦闘指揮所では..
Weblog: enocci's salty blog
Tracked: 2004-12-26 01:20

SEED Destiny -PHASE_12-
Excerpt: 「撃たれたいの?!」 「はいーーーっ!! あ、いいえ??????っ!」 初めて、アーサーって人が分かった気がする(爆笑) 今回、一番カッコよかったのは、オーブ艦のオジサマでした 「俺は政治..
Weblog: ◆◇◆GRUNGE STREET◆◇◆
Tracked: 2004-12-26 01:31

エンゲージ/開眼
Excerpt: 本日は「冬休み1時間スペシャル」ということで2連装のSEED-Dでしたが、久々に大規模な 艦隊戦及びMS戦が展開となった次第です。 ■プラントは積極的自衛権行使を決定し、降下作戦を始めました。一方核..
Weblog: 菅野重工業
Tracked: 2004-12-26 01:50

ガンダム種運命12話
Excerpt: 続けて12話の感想、いきまーす。 第12話「血に染まる海」(こえぇ題名だな・・・) <アバンタイトル> ・11話のあらすじ的な感じで、特に新しい場面はなし。 <OP> <Aパート> ・アーサー..
Weblog: HOME SWEET HOME
Tracked: 2004-12-26 02:16

新 ガンダム SEED DESTINYを語る(12月25日1号)
Excerpt: 今回は2話分     その1 イザーク ディアッカ       いやぁー大人になりました、イザークは。でも、この二人もギルの手のひらで踊らされてます。        その2 3人      虎とま乳、..
Weblog: 新ちぇりーぶろぐ
Tracked: 2004-12-26 09:53

第十二話「血に染まる海」
Excerpt: タイトルからして、もっと海が赤くなるのかと思ったけどな〜。ようやくシン・アスカが第一クール終了時に種発動した。発動の元となったのが連合の新型MAのおかげだけどな。 ・ユウナ むかつく。親子でオ..
Weblog: Blue Channel
Tracked: 2004-12-26 18:24

ガンダムSEED DESTINY 第12話 「血に染まる海」 感想
Excerpt: 驚愕の種割れ、「まなざしの先」を彷彿とさせるラスト、そして第13話の予告に悶絶するかと思った第12話。完全に心は次週のフリーダムに持っていかれています。 ■種割れ、そしてバーサーカー再び 続編の醍醐..
Weblog: 蒼穹のぺうげおっと55
Tracked: 2004-12-27 01:00

今日の「ガンダムSEED DESTINY」12話。
Excerpt: 1時間SPの後半、つーコトで。 今回は、ナニを置いてもコレでしょ。 そう、 ザムザザーーーーー!!! いやぁ、ああいうメカ大好きです(笑) #まあ、ウチのブログタイトル見れば瞭然でしょーが..
Weblog: 今日のブログ 明日のグラブロFuyu Comi Mode
Tracked: 2004-12-27 02:04

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第12話
Excerpt: 「選びし道」では、オーブの道、ザフトの道、アスランの道、ミネルバの道、それぞれ進むべき道が決まったわけですが、この第12話では、何と言ってもアスランの決意と出立ちが見所ですよ! イサークとディアッカ..
Weblog: Cosi Cosi
Tracked: 2004-12-28 09:47

PHASE-12 〜血に染まる海〜
Excerpt: 年末前にかならず 戦闘シーン満載の回、来ると思ってました 普通に見てても、戦闘シーンあるとプラモ欲しくなる あと発進シ〜ンもプラモがなぜか欲しくなんですよぉ あの変な踏ん張り方が萌え ..
Weblog: ガンダムを語ろう
Tracked: 2004-12-30 13:07

デスティニー 第12話
Excerpt: さてさて、第12話の感想です。 いよいよ ザフトVS地球連邦&オーブ が開戦です。海上戦です。 オーブを出向したミネルバは前方に地球軍、後方にオーブと、進退窮まる状態にされてしまいまし..
Weblog: 或る漫画好きの観察日記
Tracked: 2004-12-30 20:55


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。