ブロードバンド料金比較 楽天仕事市場 ブログマーケティングムシキング歌詞取り放題 そろそろIT系に転職しませんか?格安航空券を買うなら「空の旅.COM」

アットローンにまかせろ 日本最大のチケット売買サイト『チケット流通センター』ファイナル・ファンタジーXII 発売迫る!絶賛予約受付中 楽天フリマのアウトレット特集楽天ダウンロード

2005年12月21日

アンデルセン展に行ってきたよー

アンデルセン攻めのデンマーク受けではない
今日は上機嫌。
なぜかっていうとエアギア林檎ピンキー確保の知らせが届いたから。町田氏どもっす。
で、そんな気分で逓信総合博物館のアンデルセン展(25日まで)に行ってきました。
どうして19世紀の人ってみんな横顔なんだろう。(JSミルとかハーンとかバジョットとか)
アンデルセン切り絵うまい!一生定住地を持たずに放浪したってのもかっこいい。
切手とか絵本とか手紙とか。でもちょっと展示品少ないかな。
絵の中の童話を探せっていうクイズはちょっとおもしろかった。
(空飛ぶトランクやまぬけのハンス、火打ち箱とかもあったりして)
でも、アンデルセンの人生を知るにはやっぱり何と言っても自伝
ところがある日のこと、私の歌が最高潮に達し、澄んだ声だ、めずらしい高い声だなどと、ささやかれていた時、とつぜん一人の職人がどなった。
「こいつは、たしかに男の子じゃない、女だぞ。」
彼は私をつかまえた。私は泣いたり、わめいたりしたが、ほかの職人たちもこの悪ふざけをおもしろがって、いっしょになって私の腕や脚をおさえた。
私は金切り声をあげ、それこそ娘のように、はずかしさのため赤くなって工場をとび出して母のもとに逃げかえった。
(p28)
それなんてボブゲ?人間失格(太宰)級のショタいじり。


posted by えみゅ at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。