ブロードバンド料金比較 楽天仕事市場 ブログマーケティングムシキング歌詞取り放題 そろそろIT系に転職しませんか?格安航空券を買うなら「空の旅.COM」

アットローンにまかせろ 日本最大のチケット売買サイト『チケット流通センター』ファイナル・ファンタジーXII 発売迫る!絶賛予約受付中 楽天フリマのアウトレット特集楽天ダウンロード

2005年11月16日

雪の女王〜The Snow Queen〜 第25話「王家の鍵」

脚本   島田満
絵コンテ 出崎統
監督補  矢野篤
演出   鏑木ひろ
作画監督 八崎健二
白い花に駆け寄るゲルダ。
険しい道が続いていた。人家のほとんど見当たらない、荒地が続いていた。吹き抜ける風は、夏がとうに終わり、この北の大地に、すでに秋の深まりが訪れていることを告げていた。
そこは、星降る荒地。
「見果てぬ夢の行先は、たとえば夜明けの流れ星。一人輝く光の尾、誰にも知られず落ちて行く。一つ、また一つ、星降る荒地に落ちて行く」
星降る荒地は、300年以上昔の古戦場。なぜか戦闘シーンすごい迫力。
荒地にはその戦いで死んだ兵士たちの墓が山盛り。
彼らの亡霊たちは二度と戻れなかった故郷を探し、今も彷徨うと言う。
夜遠くからこの荒地を見ると、歩き回る亡霊たちが星の光が降るように見えたというのが由来。
と、肝試しっぽくゲルダを怖がらせてこの地で野宿なラギ。
突然落とし穴に落ちてしまったゲルダは、そこでロトの鎧を着た骸骨を発見する。
矢が刺さって死んだ彼は、鎧から300年放置された身分の高い武将だろう、とラギはみる。
こう見えて迷信とか呪いとか信じやすいラギは、墓は作って彼を弔う。
ゲルダは摘んだ白い花を兜に差し、ラギはまた演奏披露。
墓標には「やくたたず ここにねむる」と。(違)
そしてその夜、星降る荒地に、星が降ったそうだ。「そうだ」というのは、私はそのことを見てはいないということだ。すべては、ゲルダに後で聞いたことだ。そして、とにかくまず、不思議な青白く光る霧の話をしよう。いつの間にか、青白い霧が私たちを取り囲んでいた。私が実際に覚えているのは、そこまでだ。
肝心なときに寝てばっかなのは、ラギの仕様のようですね。
星の光が降る中、うごめき出すさまようよろいたち。
その状況を見て声も出ないゲルダに、城へ一緒に行ってくれないかと誘うアルフレッド王(声・錦織一清)。
長く時間が経ちすぎて、記憶もあやふや、おまけに頭は割れて血が垂れている。
半ば無理やりゲルダを連れ、ロビンマスクだかウォーズマンだかを蹴散らすアルフレッド。
王の兜にはゲルダがつけた花があった。
奮戦むなしく、胸を射抜かれ、落馬する王。その体は消えてしまう。
何かに導かれたかのように教会礼拝堂に入るゲルダ、そこでワイズマン(セラムンR参照)に出会う。
彼に言われるまま復唱する。
「たとえ果てしなき旅路でも」
「心は永遠にふるさとにあり」
「鍵あらば闇の扉を開け放て〜っ!」
その呪文で異界への扉が開き、教会は崩れ落ちる。
床にも同じ言葉が書いてあることに気づくゲルダ。
"salv om jeg er
paaen Lendeig vej
Findes minbjert
i mit bjom
Iuk den dei op
hvis du har
naglent til der"
城へと駆け抜けて行く透明な馬。アルフレッド王もいつの間にかその背中に乗っている。
ゲルダもその後を追う。
王の帰還。某映画のサブタイみたいだけど。
愛しのアウネスは出迎えてはくれず、代わりに刺客が後ろから剣を刺し王の体を貫く。
しかしそれをものともせず、暗殺者を返り討ちにする王。
なんかニッキの声が微妙に池田秀一っぽい。
城は敵の手に落ちていた。膝をつき号泣(光輝泣き)するアルフレッド王。
「誰だ?誰だお前は?見かけぬ顔だ」自分で呼んできたゲルダになんて言い草。
たしかに記憶力弱ってる。お爺ちゃん、朝ご飯はもう食べたでしょ?
花を手向けてくれたこと、荒地から助けてくれたこと、城への案内を頼んだことを思い出す王。
城へ帰れて満足だ、とゲルダの手の甲にキスをする。
ゲルダを引きとめ、自分の最後の一戦を見せようとするアルフレッド。

続きを読む


posted by えみゅ at 01:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。